不動産購入ガイド
 不動産購入ガイド | 不動産売却ガイド | 不動産買い替えガイド | 不動産賃貸ガイド

 Step1 資金計画 > Step2 情報収集 > Step3 現地見学 > Step4 売買契約 > Step5 融資 > Step6 残金・物件引渡し

  (A)購入申し込みから契約まで ご購入の物件が決まったら購入を申し込みます。
その際、買付証明書(当社で用意いたします)を提出します。
これを受けて売買価格や代金の支払い方法や物件の引渡し時期など契約のための条件を調整します。
そして条件が整ったら、重要事項説明を経て売買契約を結びます。
  (B)重要事項説明 重要事項説明とは、売買契約の締結に先立って、物件にかかる文字通り重要な事項を説明するものです。
これは、宅地建物取引主任者だけが重要事項説明ができ、その際に宅地建物取引主任者証の提示が義務づけられています。重要事項説明書には、登記簿記載の権利関係、物件の概要、代金支払いの授受の方法、万が一契約解除の場合の規定などが記載されています。不明な点は不動産会社に確認しましょう。
  (C)不動産売買契約 不動産売買契約は、「不動産売買契約書」を用いて締結されます。
売買契約書には、取引内容や当事者の権利・義務などを明らかにし、安全・確実な売買の成立を目的とするものです。
売主・買主の双方が暑名捺印し、買主が手付金を支払って契約が成立します。
不動産売買契約を締結したら、以後は契約書の記載内容に基づいて権利や義務を履行することになります。
義務に違反すると違約金の支払いが必要になる場合がありますので、不明な点は必ず不動産業者に確認しましょう。
  (D)付帯設備と物件状況の確認 照明器具・ガスレンジ・カーテン・エアコン・アンテナ・庭木などの物件に付帯するものと、過去または現在、雨漏り・シロアリの被害・構造部位の木造腐食・配水管の故障などがあるかを確認し、売主様より「付帯設備確認書及び物件確認書」を発行していただきます。
 

 Step1 資金計画 > Step2 情報収集 > Step3 現地見学 > Step4 売買契約 > Step5 融資 > Step6 残金・物件引渡し

Copyright(C)2002 有限会社和拓不動産 All right reserved.